「団地族」のいま ●高齢化・孤立・自治会

Category : 社会学


高齢化社会を抱える日本では、団地でもまた高齢化が進んでいた。
「高齢者」「孤立」「自治会」をキーワードに、かつての「団地族」の変容と再生の途をさぐる。

【本書の内容】

目 次

序 言

1.団地への注目
2.各章の内容

1章 団地に暮らす高齢者
1.日本社会の偏った高齢化
2.高齢化した公団住宅団地0
3.団地という居住環境4
  居住環境の均質性と狭さ
4.団地高齢者の孤立死
  第3期における孤立死 / 団地での孤立死の要因?

2章 「団地族」と「団地高齢者」
1.「団地族」の語られ方
  消費行動と団地族 / 団地族への2つのまなざし
2.「団地高齢者」の人間関係
  孤立した団地高齢者像
3.現代の「団地高齢者」はかつての「団地族」か?
  団地高齢者の居住歴

3章 地域のなかの団地高齢者―埼玉県和光市―
1.団地高齢者はほんとうに孤立しているのか?
2.高齢者の社会的孤立
  孤立の要因 / 男性問題としての孤立
3.高齢者の住居形態と社会的孤立
4.和光市の高齢者調査から
  ‌東京のベッドタウン・和光市 / 住居形態別の社会的孤立状況  /  孤立高齢者の特徴  /  居住年数と社会的孤立状況
5.賃貸暮らしと孤立した生活

4章 独居高齢者の居場所と団地内の知り合い―公田町団地―
1.団地につくられる高齢者の居場所
2.公田町団地の居場所
3.居場所に集う独居高齢者たち
  利用者への聞き取りから
4.独居高齢者の団地での知り合い
  ‌3種類の「知り合い」 / 知り合いの数に関連する要因 /
  居住年数と性別
5.居場所の利用と知り合いの数
  「交流だけを目的とした場所」でないこと

5章 団地自治会―神代団地―
1.団地自治会とは
  団地自治会の特質
2.神代団地の概要と自治会
  自治会のはじまり  /  その後の生活問題  /  自治会の組織
3.団地の年中行事
  ある1年の年中行事 / 団地祭と「ふるさと」づくり
4.高齢化を反映した自治会の取り組み
5.集会所とヘルパー
  集合住宅の住まい方を教える
6.団地高齢者にとっての自治会の意義
  高齢者が担う団地自治会

6章 団地内メディア―自治会報・高島平新聞―
1.情報からの孤立
2.五輪団地の「五輪会報」
  手書きの自治会報
3.神代団地の「自治会ニュース」
  自治会報上の意見交換
4.「高島平新聞」・「高島平べんり帳」
  総合紙としての高島平新聞
5.高島平団地での調査から
  ‌団地内メディアの利用状況  /  タウン紙を応用する事例 /
  団地高齢者の情報入手先
6.高齢者にとっての団地内メディア

7章 高齢社会の象徴としての団地
1.「ディスカバー千里」と「あつまリビング」
2.昭和ノスタルジアと団地
  過去の都市住民への羨望 / 団地ブーム・団地マニア
3.その後の「団地族」たち
4.団地は残っていくのか
5.団地高齢者の孤立を防ぐために

おわりに―団地と大学―
1.郊外化から都心回帰へ
2.団地と大学の協働
  ‌団地で実践する / 団地に暮らす / 世代間交流と調査協力
3.大学の課題

あとがき
参考文献
初出一覧


定価:本体1,900円+税
ISBN978-4-88602-656-9

型番 ISBN978-4-88602-656-9
定価 1,900円(税込2,052円)
販売価格

1,900円(税込2,052円)

購入数

この商品について問い合わせる
この商品を友達に教える
買い物を続ける

プロフィール

書肆クラルテ

ホームページ

〒603-8237

京都市北区紫野上若草町31-1

Tel/Fax:075-495-4839

カートを見る

カートを見る

商品検索

おすすめ商品

売れ筋商品

商品カテゴリー

Feeds

RSS - ATOM